スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

仙台公演の初日、4月23日(木)「レ・ミゼラブル」へ行ってきました。
去年、東京の帝国劇場へ観に行く予定も、なかなか時間が取れなくて、
次回公演までがまん!と思っていた所、何と仙台に来る!という情報が
しかも、たったの4日。更に、4日中2日間は貸切公演
残り2日に賭け、必死で取ったチケットです

おおまかなあらすじを、頭に入れ、今回の役は誰なのかを確認し、
いざ「東京エレクトロンホール」へ!!



・・・プロローグ・・・

1815年、たった一個のパンを盗んだ罪で牢獄行きとなったジャン・バルジャン。
19年後、ようやく仮釈放となるが、思い描いていた自由はおろか、
仮出獄許可証(自分は危険だと書かれた紙)のおかげで、大変な目にあう。
結局、再度罪を犯すしか方法のないような状態になる。
そんなジャン・バルジャンに、一人の司教が、パンとワインを与え助けてくれる。
しかし、ジャン・バルジャンはその司教の持ち物、銀の食器を盗んで逃げてしまう。
結局町の住民に捕まえられ、尋問されるジャン・バルジャン。
しかしながら、司教は「食器は彼に差し上げたのです」と説明する。、
さらに「疑いが晴れたのだから、皆去りなさい」と町の住民を追い払ってくれた。
ジャン・バルジャンは救われる。と同時に自分の犯した罪を悔やむ。
この時から、ジャン・バルジャンの新しい人生が始まる。         引用あり


舞台に出ている一人一人が主役で、そのの表情や感情、そして音楽が、
更に観ている私達を、物語の中に引き込んでくれます。
いやぁ、一度だけでは足りません!本当に素晴らしい舞台でした^^

      

■■4月23日のキャスト  
    
   *ジャン・バルジャン    山口祐一郎
   *シャベール         今 拓哉
   *エポニーヌ         知念 里奈
   *フォンテーヌ        シルビア・グラブ
   *コゼット           神田 沙也加
   *マリウス          山崎育三郎
   *テナルディエ       三谷 六九
   *マダム・テナルティエ  森 公美子
   *アンジョルラス      松原 剛志
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

さとり                      音楽をテーマに絵を描いてます。

  • Author:さとり                      音楽をテーマに絵を描いてます。
  • ■カフェ 月1度 日曜日
    ■ビーズ教室 第2日曜日
    ■カルトナージュ教室 不定期の日曜日
    ■短歌観賞会 不定期の金曜日

    ■佐野さとり展示 常に♪


    ★4月から、月に一度だけの
    「つきいちカフェ」やります!

    *不明点はお問い合わせくださいませ
     
     
メールフォーム
 お問い合わせなどはこちらからどうぞ。 返信ご希望の方は必ずその旨お書き添え下さい。(ご連絡先のMailアドレスを半角文字で入力下さい。間違っているアドレス、「ぼくのいろ」に関係のないことにはお返事しかねます)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
CM





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。