小鳥のバック

現在、メディアテーク隣にあるギャラリー
「杜間道」で、フェルトで作ったバックの作品展が開かれています。

小鳥バック2
先日、その案内状(↑)を見て、気になって気になって仕方なくなってしまいました。
調度仙台へ行く用事もあったので、わくわくしながらギャラリーへ♪

案内状に写っていた同じ小鳥のバックが、
壁のあちこちに展示されていて、もう、興奮

お値段を見て、気絶しそうになったけれど、
フェルトで作る工程は、なんとなく分かるし、仕上がりの日数や、
デザインを考えると、うなずけるし・・・・・。と、心のどこかで思いながらも、

私の行動といったら、まず、持ってみてもいいか?とか、
色はどれが似合うかとか、大きさは?などと、作家さんの方に質問しまくり。
「購入するか分からないけど」などと付け加えたりして

実際触れてみないと分からないですから、
どんどん持っちゃってください等、
割とさっぱりした答えをしてくれる、気持のよい方でした^^

で、買っちゃいました。

本当は大きい方が希望だったのですが、
体の大きさや、バランス、そしてお値段を考え、小さい方に



          小鳥バック1 
           これは大きい方です


作品は、展示終了後に送られてきます。
 小さめだから、入れるものを考えないと、
  小鳥が丸太りになってしまうかも
   (普段、あれもこれも入れているので、大きめのバックなんです)
     いやいや、きっとそれもかわいいはず!!

届くのが楽しみですぅ~

  ■ギャラリー杜間道


    


   そして、今日のメインの1つは「ターシャ・チューダー」展でした。
たーシャ

56歳から始めた庭つくり。
約30万坪もある敷地に、見事な庭を作り上げました。

そのほか、ターシャは絵本作家でもあり、いろいろな絵本を出版しています。
また、生活に使うほとんどの物を手作りしています。
ただ忙しいだけではなく、お茶の時間も大切にしていました。

「人生は短いのよ。楽しまなくっちゃ」
彼女の言葉が、丁寧に使われていた食器や、原画を見ていると、
聞こえてくるような気がしました。


■ターシャ・チューダ展
  仙台市青葉区一番町 KURAX4階
  10月12日まで。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

さとり                      音楽をテーマに絵を描いてます。

  • Author:さとり                      音楽をテーマに絵を描いてます。
  • ■カフェ 月1度 日曜日
    ■ビーズ教室 第2日曜日
    ■カルトナージュ教室 不定期の日曜日
    ■短歌観賞会 不定期の金曜日

    ■佐野さとり展示 常に♪


    ★4月から、月に一度だけの
    「つきいちカフェ」やります!

    *不明点はお問い合わせくださいませ
     
     
メールフォーム
 お問い合わせなどはこちらからどうぞ。 返信ご希望の方は必ずその旨お書き添え下さい。(ご連絡先のMailアドレスを半角文字で入力下さい。間違っているアドレス、「ぼくのいろ」に関係のないことにはお返事しかねます)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
CM