GO!GO!青森

青森へ3泊3日の旅行へ行ってまいりました。

8月2日、20時頃出発。この日は行ける所までということで
取りあえずは盛岡へ1泊。
天気予報によると、旅行期間は全て晴れ!!!
きっと素晴らしい旅行になるね~ふふふ

8月3日 今日の予定は~まずOPENしたばかりの
青森美術館「シャガール展」へ!
DSCF0106.jpg


DSCF0107.jpg

青森美術館の開館記念展として「シャガール『アレコ』と
アメリカ亡命時代」が開催されています。
1942年に制作されたバレエ『アレコ』の背景画は、
1点が9メートル×15メートルもあるとてつもなく大きな作品。
全4幕(4点)中、青森美術館では3点所蔵し、残りの1点をお借りし、
世界で初めて全4点を同時に展示を実現しました。

また、『アレコ』で実際に使用された舞台衣装、デザイン画の展示。
舞台衣装はシャガールの妻、ベラが担当しており、
シャガールのデザインイメージを見事なまでに表現しています。
シャガールの作品を観ていると、時計、バイオリン、鳥、本人が
よく描かれています。
描かれ方により時代背景がわかり、使っている色が
どんな意味なのかも理解できるような気がしました。
色の魔術師シャガールの創造力。

1点1点観るごとに鳥肌がたっていたので、200点もの作品を
観終えた時には私ちょっとどっかいっちゃってました。


●青森県立美術館
 シャガール『アレコ』とアメリカ亡命時代
 2006.7.13(木)~9.24(日)

美術館のすぐ隣にあるのが、三内丸山遺跡。
もちろん行く予定でしたが、思ったよりも美術館にいた時間が
長くなってしまったため、1日の中で1番暑い時間帯に
遺跡を見てまわることになりました。
相方るんるん。
私暑さでべろんべろん。
DSCF0110a.jpg

DSCF0111a.jpg

DSCF0125.jpg
日陰という場所が無い・・・
でも、実際住居の中に入ると意外と涼しいんです。
大発見だった大きな遺跡。大昔の人々が既にこんな暮らしを
していたのかぁと思うと、不思議・・・

暑くて暑くてたまりません。
ひゃあ~車の中も暑い~ハンドルつかんだら焼けどしそう!

夜はねぶた。予約している旅館へ。
ねぶたの予約は6月末にしたのですが、インターネットでは全て満席。
こうなったら片っ端から電話でかけてみるも、
「ねぶたの期間~」と予約を確認する前に、
「ねぶた期間は一杯です」という答え。ムムムッ。
でも絶対あるはず!
電話をかけ続け、ようやく「キャンセルで今なら空きあります。」
という旅館が!!いやっほう!即決まり!
なんとねぶた開催しているすぐ裏の旅館でした。

DSCF0152.jpg
ねぶたの始まったばかりの町中

DSCF0136a.jpg


DSCF0140a.jpg
迫力満点

DSCF0171.jpg
跳ね子さん。私達も何故か跳ね子の衣装を持っているという
知人から衣装を借り、着付けを何とかして参加しました。
♪ラッセラ~ラッセラ~ラッセラッセラッセラ~♪

DSCF0179a.jpg

DSCF0139a.jpg

跳ねました。特に相方が・・・私は途中で果てカメラを。
道路を悠々と歩いていると、観光客のおば様から
「鈴ちょうだ~い!」とのお声掛が。私は宮城県人なのになぁ~(笑)
良かったねぇ~。大満足のねぶたでした。どう?来年も跳ねる?

8月4日、今日は白神山地へ。
まずは「ミニ白神」へ行き、1時間程ブナの木のある
コースを歩きました。
途中、ブナの木の呼吸を聞くような場所もありました。
木の中から、水が流れているよう音が聞こえましたよ。

少し山を下り、海岸沿いをドライブ。
一夜干のするめいか。お、お、おいしい~!!

いよいよ白神山道へ。
弘前からマザーズツリーを見に行き、そのまま弘前へ戻るという
コースが一般的らしいのですが、
私達は、青森市から海岸沿いを通り、白神山道へ入り
「マザーズツリー」を見た後弘前へいくコースにしていました。

知らなかったんです。
まだ、整備のあまり出来ていない砂利道が
約40kmも続くなんて~。

夜に弘前に着けばいいからと、白神へ入ったのは16時過ぎ。
山の神様が出てくるのではと思うような風と空の雰囲気。
一応道にはなっているのです。
でも、グネグネしたり大きなわだちがあったりで、車の中は
揺れ放題の砂埃つきまくり。
前に車の姿が見えたときには「助かった~」と思う位
「ホッ」としました。

湧き水発見!きゃ~‘美人になる水‘だって!
ちょこっと下車。
DSCF0640.jpg

DSCF0642.jpg
おいしい~

ようやく念願の「マザーズツリー」へ。
DSCF0644a.jpg
大きくて、ずっしりしていて静かに立っている1本の木。
DSCF0658a.jpg
山の神、ブナの神、偉大なる母を見たような、そんな気持ち。
DSCF0631.jpg
目を閉じて大きく深呼吸。白神様と同じ空気を命一杯吸った。
400年間、そして今も、ゆっくりと時間が流れています。

山を降りたのは19時位。
予定には入ってなかった弘前のねぷたを見ることが
出来ました。
基本的には、扇方の形をしていて、そこに絵が描かれています。
中には、立体的なものもありました。
DSCF0664.jpg

DSCF0672a.jpg

DSCF0669.jpg
奈良美智の作品をモチーフに市民が作った
「ならねぷた」がとっても多かった。
後から聞いた所、奈良さんが審査をする
「奈良ねぷたコンテスト」があったんですって。
ねぶたを見てねぷたも見れるなんて思ってなかったよ。
あっ、五所川原の立ちねぷたもみたかったなぁ。

8月5日、最終日。
朝から晴れ晴れ晴れ!
弘前で開催されてる、奈良美智+grof の「Ato Z」展へ。
青森旅行計画では、弘前に来る予定は無かったのですが、
「情熱大陸」を見て、心惹かれてしまいました。
旅行時調度開催されてる事を知り、やってまいりました。

舞台は大正時代建てられた物レンガの倉庫。
東北最大の酒造所だったそうです。
ここに、廃材で作ったA~Zまで(実際はもっとたくさん)
の小屋が立ち並び、倉庫の中が1つの町になっています。

作品よりも、共同制作の現場を見れた気がして、
奈良美智達の人間性や生き方にとっても興味を
持つことが出来る場所でした。

子供から大人まで町中が奈良さんを愛してるって感じ。
DSCF0686.jpg

DSCF0683.jpg
中にはカフェもあります。
くつろぎながら映像も見れます。

●奈良美智+grof「AtoZ」
 青森県弘前市吉野町2-1 吉井酒造煉瓦倉庫
 2006.7.29(土)~10.22(日)

いやぁ~、ずぅっと天気も良かったし、
心も満杯です。
いい旅行になりました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

さとり                      音楽をテーマに絵を描いてます。

  • Author:さとり                      音楽をテーマに絵を描いてます。
  • ■カフェ 月1度 日曜日
    ■ビーズ教室 第2日曜日
    ■カルトナージュ教室 不定期の日曜日
    ■短歌観賞会 不定期の金曜日

    ■佐野さとり展示 常に♪


    ★4月から、月に一度だけの
    「つきいちカフェ」やります!

    *不明点はお問い合わせくださいませ
     
     
メールフォーム
 お問い合わせなどはこちらからどうぞ。 返信ご希望の方は必ずその旨お書き添え下さい。(ご連絡先のMailアドレスを半角文字で入力下さい。間違っているアドレス、「ぼくのいろ」に関係のないことにはお返事しかねます)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Links
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
CM